« 残暑お見舞い 酷暑の夜を海外ドラマでヒヤッと乗り切ろう | トップページ | マギー・ウィーラー(Maggie Wheeler) »

2010.08.25

『ドールハウス』エリザ・ドゥシュク初来日インタビュー!七変化の秘密に迫る!?

今春、4月14日からFOXで放送開始になった『ドールハウス』。スタート前から興味津々!絶対見てみたいと思っていたその理由はというと、なんて言ったってFOXから届いた主演のエリザ・ドゥシュクのプレス写真。スタイル抜群のドゥシュクがセクシーな衣装に身を包み、なんとも言えない表情で私を見ているではありませんか。
『トゥルー・コーリング』で日本でも絶大な人気を集めたドゥシュクだが、『トゥルー・コーリング』とはまた違った雰囲気。『ドールハウス』も放送前からかなり話題を呼んでいたこともあって、早速ミーハー根性丸出しで見始めてみたのだった。

1話、2話と「えっ?なに?何?なに??」と心臓をバクバクさせながら見ているうちに話はどんどん進んでいった。“ドールハウス”とは人間の記憶をそっくり取り出し、ブランクになった脳にクライアントの望む人格を刷り込むことで、莫大な利益を上げている闇の地下組織のこと。そこにはドールハウスと秘密の契約をした“アクティブ” と呼ばれるドールたちが存在する。任務の度に違う人格を刷り込まれるドールの1人、エコーを演じるエリザ・ドゥシュク。ドラマの中でいろいろな表情を見せるドゥシュクだが、一体どれが本当の彼女の顔なのだろうか? “理想の恋人” “凄腕ネゴシエーター” “スターを夢見るシンガー” と毎回全く違った役を演じているドゥシュクだが、人格を刷り込まれる前のエコーの表情といい、全てが別人のように見える。
そのドゥシュクが8月初旬にドラマのPRを兼ねて初来日することが決定した。一度でいいから “生ドゥシュク” の本当の表情を見てみたいと思っていた私の願いが届いたのか、海外ドラマNAVIでもドゥシュクにインタビューする機会が舞い込んだ!

Img_5609 取材当日は70媒体以上の取材を受けていたドゥシュク。さぞかし疲れていることだろうと思っていたのだが、そんなことは感じさせない笑顔を見せながら、濃いサーモンピンクのミニのキュロットワンピースで登場。そもそも自分と比べること自体、お門違いでドゥシュクに大変失礼なことだとは重々承知しているのだが、同じ女性という大きな枠でくくったとしても違いすぎるその雰囲気・・・。色気というかフェロモンというか・・・とにかく女らしさのオーラをガンガンに醸し出している。でも、お高くとまっているわけではなく、すごく気さくでお茶目で、写真を撮らせてもらっている間も私達のリクエストに応え、いろいろなポーズをとってくれたり、ジョークを言ったり・・・彼女と目が合ってしまった時にゃもう私はほぼノックアウト状態だった。

ドラマの中では見事なスタイルとアクションを見せているドゥシュク。アクションを得意とする彼女はドラマの中でほとんど全てのアクションをスタントなしに演じ、その才能を遺憾なく発揮している。
「スタントコーディネーターの言うことをきちんと聞くことが重要。なぜならば、1つ1つのパンチは計算されているものなので、正確にやらなければならないの。結構、暴力的な動きをするから、もちろん体調も整えなければならないし。
週に5回は撮影があるけど、週末はトレーニングをしているわ。月曜日から金曜日まで撮影をして、日曜日にトライアスロンに出て3位に入賞したこともあるのよ。きちんとトレーニングしていれば、自分自身のことを力強いと思えるし、身体を鍛えることは大切よね。
食べることも大好きよ。でも、コーヒーを飲み過ぎたり、砂糖をとりすぎたりしないようにいつも気をつけるようにもしているわ。ただ、1週間に1度は何を食べてもいい日にしているの。今回は、日本のお菓子を集めて最終日に食べようかと思っているわ」

Img_5601 やはり第一線で活躍する女優だけあってストイックに体調、体型管理をしているよう。もし、女優をやっていなければ、どんな職業についていましたか?の質問には、「母がボストン大学で授業を教えているの。もうすぐ70歳になるんだけど、2週間ウガンダへ行って少年兵のために小屋を建てるボランティアをやったりもしている。素晴らしい女性なので、母のようになりたいといつも思っているわ。
今、私はUCLAで授業を受けていて、先週は “A” を取ったのよ」。ドラマの撮影の合間をぬって大学にも通い何事にも貪欲なドゥシュク。彼女から出ているオーラは見た目の美しさだけではなく、内からにじみ出ている彼女の自信なんだろうと感じた。

常にセクシースターランキングの常連であるドゥシュクに、“セクシーで美しいと言われること”について聞くと「もちろん嬉しいし、ありがたいと思うわ。でも自分の中ではおてんば娘のイメージがあるの。母はいつも“あなたは美しい”と言ってくれていたけど・・・。人々にそう認識されるのは嬉しい。でもセックスシンボルとか言われることは私の兄たちは嫌みたいね(笑)。
自分自身の中であまり競争心みたいなものは持たないようにしているの。何かになりたい、誰かになりたいではなく自分を誇りに思って、私にできる最高の自分になりたいわ」

『ドールハウス』のみどころでもあるドゥシュクが見せる7変化はしっかり持った芯の強いドゥシュクだからこそできる演技なんだと思った。

最後に、日本のファンへ「『ドールハウス』を見てもらって、それが刺激になって、日々人と人の交わりの中でに新しい考え方を皆さんの中でもってもらえたら、嬉しいわ」とメッセージを残してくれた。
どんな質問に対しても笑顔で気さくに応えてくれたエリザ・ドゥシュク。これからもまだまだ活躍の幅は拡がっていくだろうと確信した。これかも彼女から目が離せない!

■『ドールハウス』VOL1-4 絶賛レンタル中!
【レンタル】VOL5-7 9月2日~レンタルスタート
【セル】DVDコレクターズBOX 9月2日発売開始
   ※価格:\10920(税込)
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

ライタープロフィール

ドラマナビ編集部

ドラマナビ編集部

« 残暑お見舞い 酷暑の夜を海外ドラマでヒヤッと乗り切ろう | トップページ | マギー・ウィーラー(Maggie Wheeler) »

海外ドラマを100倍楽しもう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209472/49228642

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドールハウス』エリザ・ドゥシュク初来日インタビュー!七変化の秘密に迫る!?:

« 残暑お見舞い 酷暑の夜を海外ドラマでヒヤッと乗り切ろう | トップページ | マギー・ウィーラー(Maggie Wheeler) »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』