« CM出演は、俳優にとってプラスなのか、マイナスなのか!? | トップページ | 『ゴシップ・ガール』『ヴェロニカ・マーズ』『スーパーナチュラル』…あなたはどのオトコがお好み? »

2009.09.09

ジェイムズ・クロムウェル(James Cromwell)

身の丈約2メートル1センチ! ニョキっと頭ひとつ高い長身と飄々とした風貌がトレードマークのジェイムズ・クロムウェル。知的で穏やかな雰囲気を醸し出しているが、実は悪役が似合う俳優だ。
映画監督兼俳優の父と女優の母の間に生まれ、両親のように俳優の道へ。シェイクスピアから実験的な作品まであらゆる舞台でキャリアを積み、70年代半ばから映画やTVに出演し始める。『大草原の小さな家』(1980)や『世にも不思議なアメージング・ストーリー』(1986)をはじめ、コンスタントに幅広いキャラクターを演じる。
話す豚が主役の映画『ベイブ』(1995)で助演男優賞のオスカーにノミネートされてブレイク。俳優人生の遅かった春を迎え、素朴ないい爺様のイメージが定着しそうなジェイムズだったが、『L.A.コンフィデンシャル』(1997)で一変、主人公たちを悪へと誘導する冷徹な警察署長を熱演して、本当はヒールがハマることを世に知らしめた。
シックス・フィート・アンダー』(2003~2005)では、フランセス・コンロイ扮する葬儀屋の未亡人とスピード婚をする大学教授の役を演じ、インテリで紳士だが、実は複雑な問題を抱えているという役どころで新境地を開く。映画『クィーン』(2006)ではエリザベス女王の夫で、ダイアナ元王妃をチクチク批判するいじわるな役、『24-TWENTY FOUR-』(2007)ではジャック・バウアーの父親として自分の利益のために実の息子まで殺めようとする悪役を好演。優しい爺様から途方もないクソジジイまで、なんでもござれのジェームズ翁だが、やっぱり彼の真骨頂は知的レベルの高い悪役だろう。
私生活では1960年代から左翼的活動を始め、近年もブッシュ政権を批判する発言をしているが、奇しくもオリバー・ストーンの『ブッシュ』(2008)でパパブッシュを演じることとなった。映画『ベイブ』の撮影中にビーガン(卵や乳製品を含む動物性の食物を一切摂取しない厳格なベジタリアン)となり、動物愛護の活動家としても知られている。

●ジェイムズ・クロムウェルのプロフィール
1940年1月27日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。

○役柄イメージ:アメリカ大統領を始め政府高官、裁判官、司教、大学教授など社会的地位の高い、気難しそうなインテリやエリート。
腐敗した組織の中で権力をふるい、自分の過ちを隠すために手段を選ばない冷血漢。
動物と心を通わせることができる素朴なおじいさん。

○ジェイムズ・クロムウェルとかぶる俳優:クリストファー・リー、レナード・ニモイ、ローナ・レイバー(←ルックスのみ)

○主な出演作
TVドラマ
『My Own Worst Enemy』(2008)
『24 TWENTY FOUR』 (2007)
『シックス・フィート・アンダー』(2003~2005)
『ザ・ホワイトハウス』(2004)
『エンジェルズ・イン・アメリカ』(2003)
『スタートレック エンタープライズ』(2001)
『ER 緊急救命室』(2001)
『RKO281』(TV映画1999)
『ピケット・フェンス』(1995)
『スタートレック ディープ・スペース・ナイン』(1995)
『新スタートレック』(1990、1993)
『Easy Street』(1986~1987)
『世にも不思議なアメージング・ストーリー』(1986)
『ナイトライダー』(1985)
『ファミリー・タイズ』(1985)
『ダラス』(1984~1985)
『大草原の小さな家』(1980)
『M*A*S*H』(1977)
『Hot L Baltimore』(1975)
『All in the family』(1974)

映画
『ブッシュ』(2008)
『ビカミング・ジェーン』(2007)
『スパイダーマン3』(2007)
『クィーン』(2006)
『トータル・フィアーズ』(2002)
『スペース・カウボーイ』(2000)
『グリーン・マイル』(1999)
『ヒマラヤ杉に降る雪』(1999)
『ベイブ/都会へ行く』(1998)
『ディープ・インパクト』(1998)
『L.A.コンフィデンシャル』(1997)
『スタートレック ファーストコンタクト』(1996)
『ラリーフリント』(1996)
『イレイザー』(1996)
『ベイブ』(1995)
『蜘蛛女』(1992)
『2つの頭脳を持つ男』(1983)
『名探偵登場』(1976)

フランセス・コンロイ(共演ドラマ『シックス・フィート・アンダー』)
エリック・バルフォー(共演ドラマ『シックス・フィート・アンダー』)
ミシェル・トラクテンバーグ(共演ドラマ『シックス・フィート・アンダー』)
エド・ジュニア(共演ドラマ『シックス・フィート・アンダー』)
ジェイマ・メイズ(共演ドラマ『シックス・フィート・アンダー』)

ライタープロフィール

ほりうちあつこ

ほりうちあつこ
ニューヨーク在住のフォトグラファー/ライター。渡米してアメリカのTVドラマのクオリティの高さに驚き、気がつけば10年。ドラマとシットコムは、自分にとってエンタテイメントであると同時に強力な英語のチューターでもある。お気に入りは『シックス・フィート・アンダー』。

« CM出演は、俳優にとってプラスなのか、マイナスなのか!? | トップページ | 『ゴシップ・ガール』『ヴェロニカ・マーズ』『スーパーナチュラル』…あなたはどのオトコがお好み? »

あのTVスターを追え!?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209472/46156201

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイムズ・クロムウェル(James Cromwell):

« CM出演は、俳優にとってプラスなのか、マイナスなのか!? | トップページ | 『ゴシップ・ガール』『ヴェロニカ・マーズ』『スーパーナチュラル』…あなたはどのオトコがお好み? »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』