« 『コロンボ』『ナッシュ』、クルマニア必見!な海外ドラマたち!! | トップページ | 「心の病」をテレビで啓蒙…アメリカでは「変」が「普通」になった!? »

2009.08.19

サミーア・アームストロング(Samaire Armstrong)

出世作『The OC』(2003)で、サミーアが演じていたのは、ギーク(おたく)なセスに好意を寄せる、同類の女子アンナ。端役から人気キャラへと成長させ、一気に注目を集めた。ブロンドが似合う典型的なアメリカン・ガールのサミーアだが、生まれは東京。5歳のときに格闘トレーナーの父の影響で、柔道を習い始める。サミーアは、この意外な経歴について「小さいときから引越ばっかりで、いじめられることもあった。だからよくケンカしたものよ」とたくましく語っている。アリゾナ大を中退後、本格的に女優を目指し、ハリウッドへ。
『サンフランシスコの空の下』(2000)、『フリークス学園』(2000)や『X−ファイル』(2001)など、ドラマのゲスト出演が立て続けに決まり、『The OC』で準レギュラー。アンナとほぼ似たキャラだった『アントラージュ★オレたちのハリウッド』(2004)のエミリー役でも好評を得た。
自身のファッションブランド NARU を立ち上げ、映画『ラッキー・ガール』(2006)でリンジー・ローハンと共演、初のTVシリーズレギュラー『ダーティ・セクシー・マネー』(2007)ではピーター・クラウス、ドナルド・サザーランドらベテランにも、存在感では負けなかったサミーアだが、シーズン2には結局出演せず。2007年秋から更正施設に通院していたことが、その理由の1つではないかといわれている。わがまま生意気娘を演じても、なぜか好感の持てる希有なタレントだけに、早く自分を取り戻してほしいものだ。


●サミーア・アームストロングのプロフィール

1980年10月31日東京生まれ。

○役柄イメージ:学校の優等生タイプ。恋には一見積極的に見えるが、実はまじめで少々シャイ。自分の魅力を知っていて、わがままに振る舞うが、心根は優しい。

○サミーア・アームストロングとかぶる俳優:アンナ・ファリス、ニコール・リッチー、アマンダ・バインズ、(将来は)ジェニファー・アニストン

○主な出演作
TVドラマ
『ダーティ・セクシー・マネー』 (2007)ジュリエット・ダーリング
『CSI:マイアミ』 (2006~2007) 
『NUMB3RS ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル』(2005~2006)
『The OC』 (2003~2006)アンナ・スターン
『アントラージュ★オレたちのハリウッド』(2004~2005)エミリー
『X-ファイル』(2001~2002)
『ER VII 緊急救命室』(2000~2001)

映画
『DEATH GAME デスゲーム』(2006)
『ブラッド』(2006)
『ラッキー・ガール』(2006)
『ダークウルフ(2003)


←エリック・バルフォー(共演ドラマ『The OC』)
→ビジー・フィリップス(共演ドラマ『フリークス学園』)
→ジェイマ・メイズ(共演ドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』)

ライタープロフィール

橋本裕美子

橋本裕美子
海外ドラマ好きが高じ、アメリカ在住を決行した筋金入りのドラマニア。そんなのないけど、アメリカン・ドラマ親善大使の座を狙っている。

« 『コロンボ』『ナッシュ』、クルマニア必見!な海外ドラマたち!! | トップページ | 「心の病」をテレビで啓蒙…アメリカでは「変」が「普通」になった!? »

あのTVスターを追え!?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209472/45972067

この記事へのトラックバック一覧です: サミーア・アームストロング(Samaire Armstrong):

« 『コロンボ』『ナッシュ』、クルマニア必見!な海外ドラマたち!! | トップページ | 「心の病」をテレビで啓蒙…アメリカでは「変」が「普通」になった!? »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』