« 『CSI:科学捜査班』と『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』のクロスオーバーが実現! | トップページ | 未来のメディアと闘う、アメリカの組合俳優たち »

2009.05.07

ロブ・エステス(Rob Estes)

ロブ・エステスが、これまでファイリングしてきた俳優たちと一線を画すのは、単発出演が主な脇キャラではなく、レギュラー出演が多い準主要キャラであることだろう。『メルローズ・プレイス』(96~99)で、ちょっと女性にだらしないカイル役でブレイク。とりわけハンサムではないものの“今は道を外れてるけれど、本当は男らしい筋の通った性格”みたいなキャラで、この20年くらいTVドラマには欠かせない。昼のソープオペラ『Days of our lives』(86)でデビュー、『シルク・ストーキング~絹の疑惑』(91~95)で初主演。深夜帯の地味なシリーズだったが、途中一時かけもちした『MP(メルローズ・プレイス)』に『シルク~』降板後、レギュラー入り。『MP』後は、マット役のダグ・サヴァント、ジェイク役のグラント・ショウと並ぶ“MP男優出世トリオ”の1人である。『ブルック・シールズのハロー! スーザン』(99~00)、『プロビデンス』(00)、『CSI:マイアミ』(06)ではナタリアの前夫役、さらに1シーズンで終了した『Women’s Murders Club』(07)準主役を経て、『90210』(08)の校長先生役(妻役はロリ・ローリン)に出演中。年々、演じる役が“頭の固い”キャラ化しているのは仕方ないにしても、扱いが大きくなっているのは立派。そろそろ『シルク~』以来のTVシリーズ主演(それもプライムタイムで!)があってもおかしくない、もっと出世しかねない俳優の1人だ。

 

●ロブ・エステスのプロフィール
1963年7月ヴァージニア州生まれ。

○役柄イメージ:女性に優柔不断だが、実はまじめでいい人。離婚歴があり、元妻にはまだ未練がある。刑事、公務員等、法律には従うキャラ。

○ロブ・エステスとかぶる俳優:グラント・ショウ、ロブ・モロー、ニール・マクドノー、トム・ベリカ、アレックス・カーター

○主な出演作:
『CSI:マイアミ』(06~07)
『トワイライト・ゾーン』(02~03)
『ギルモア・ガールズ』(02~03)
『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』(02~03)
『ブルック・シールズのハロー!スーザン』(96~00)
『メルローズ・プレイス』(92~99)
『絹の疑惑 シルク・ストーキング』(91~95)

←スティーブン・トボロウスキー
ウィリー・ガーソン→

 

写真:Ima Kuroda / www.HollywoodNewsWire.net

ライタープロフィール

橋本裕美子

橋本裕美子
海外ドラマ好きが高じ、アメリカ在住を決行した筋金入りのドラマニア。そんなのないけど、アメリカン・ドラマ親善大使の座を狙っている。

« 『CSI:科学捜査班』と『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』のクロスオーバーが実現! | トップページ | 未来のメディアと闘う、アメリカの組合俳優たち »

あのTVスターを追え!?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209472/44929850

この記事へのトラックバック一覧です: ロブ・エステス(Rob Estes):

« 『CSI:科学捜査班』と『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』のクロスオーバーが実現! | トップページ | 未来のメディアと闘う、アメリカの組合俳優たち »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』