« 惹きつける映像を生み出す、監督の“右腕”とは? | トップページ | プレスツアーに見るアメリカTV業界の現実 »

2009.04.01

ジェサリン・ギルシグ( Jessalyn Gilsig)

HEROES/ヒーローズ』(08)、『CSI:ニューヨーク』(08)、『プリズン・ブレイク』(05)…。旬なドラマでよく見かける顔といえば、このカナダ人女優ジェサリン・ギルシグだ。99年『ザ・プラクティス』にゲスト出演した際、デビッド・E・ケリーに気に入られ、翌年新ドラマシリーズの『ボストン・パブリック』に主演抜擢。無名で一見地味な彼女が主役に名を連ねたことは、ある意味、衝撃的だったが、今の活躍を見ればケリーの眼力は確かだったといえる。ハーバード大の上級演劇コースで舞台演劇を学びながら、舞台を中心に、映画、TV出演も果たす。『ボストン~』後はケリーの寵愛なき後も(?)、冒頭作品の他に『NYPDブルー』(04)、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』(03~08)、『Friday Night Lights』(07)と、全米で話題のドラマに出演は続いている。真面目な女教師(『ボストン~』)、ゲイの刑事役(『NYPD~』)などの堅い役から、荒れた生活を送る女(『HEROES/ヒーローズ」)、定職のないお調子者(『Friday~』)など、“地味”な分だけ、どんなキャラにも変身できるのがジェサリンの強みである。本人いわく、一番気に入っていたのは『NIP/TUCK~』のセックス依存症ジーナ役だとか。

 

■ジェサリン・ギルシグのプロフィール
1971年カナダ・モントリオール生まれ。

○役柄イメージ:融通の利かないタイプの教育者・公務員。酒やタバコ等に依存している、生活の安定していないシングルマザーまたは独身女性

○ジェサリン・ギルシグとかぶる女優:カリ・マチェット、エリザベス・ミッチェル、ジュリー・ボーエン

○主な出演作
映画
『プロムナイト』(08)
『デイ・アフター 首都水没』(07)
『ラフ・ショット』(04) 
TVドラマ
『CSI:ニューヨーク』(07~08)
『HEROES/ヒーローズ』(06~07)
『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』(03~06)
『プリズン・ブレイク』(05~06)
『FBI 失踪者を追え!』(03~04)
『ボストン・パブリック』(00~04)
『ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル』(99~00)

写真:Jun Matsuda / www.HollywoodNewsWire.net

キャシー・ベイカー
スティーブン・トボロウスキー→
ジェイマ・メイズ(共演ドラマ『Glee』)→
シャロン・グレス(共演ドラマ『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』)→
ミッシー・ペレグリム(共通ドラマ『HEROES/ヒーローズ』)→

ライタープロフィール

橋本裕美子

橋本裕美子
海外ドラマ好きが高じ、アメリカ在住を決行した筋金入りのドラマニア。そんなのないけど、アメリカン・ドラマ親善大使の座を狙っている。

« 惹きつける映像を生み出す、監督の“右腕”とは? | トップページ | プレスツアーに見るアメリカTV業界の現実 »

あのTVスターを追え!?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209472/44522382

この記事へのトラックバック一覧です: ジェサリン・ギルシグ( Jessalyn Gilsig):

» CSI [CSI]
CSI大好きなあなた!一緒にCSIの魅力について、語り合いましょう! 「CSI科学捜査班」、「CSIマイアミ」、「CSIニューヨーク」、どれもこれも、超面白い! [続きを読む]

« 惹きつける映像を生み出す、監督の“右腕”とは? | トップページ | プレスツアーに見るアメリカTV業界の現実 »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』