« 『愉快なシーバー家』 | トップページ | 夜10時枠にジェイ・レノが登場! アメリカのお茶の間もバラエティ化!? »

2009.01.21

『世にも不思議なアメージング・ストーリー』

絵本を眺めるように何度でも楽しめる
80年代に生まれたオムニバスドラマの傑作

あの巨匠スピルバーグが制作総指揮する短編ドラマシリーズ。いわずと知れた、『アルフレッド・ヒッチコック劇場『ミステリー・ゾーン』と同じ、一話で物語が完結するオムニバスドラマですね。
全編を通したイメージは、ホラーよりはコメディ路線、サスペンスというよりはハートウォーミング系で、大人と子どもが一緒に楽しめるドラマ担っています。しかも、登場人物の誰もが人の良さを感じさせるところもあり、徹底的な悪人がほとんど登場しないというのもこのシリーズの特徴。

オムニバス形式だけど、それぞれのエピソードに登場する俳優たちは実に豪華で多彩。ハリウッドスターを始め、個性的な役者など、今や大御所と呼ばれる役者が多数登場しているのも本作の魅力の1つなのですね。「最後のミッション」では、ケビン・コスナーやキーファー・サザーランドらのイケメン俳優を勢揃いさせたかと思えば、「真夜中の呪文」には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でドク役を演じたクリストファー・ロイドが泣く子も黙るおっかねえ先生役で登場。他にも、「幽霊列車(DVDではゴースト・トレイン)」のエピソードでは『マーズ・アタック!』で地球を救ったルーカス・ハースが、「エスパー」では『ゴースト/ニューヨークの幻』で幽霊になって恋人を必死に守るパトリック・スウェイジが、「感謝祭の御馳走」では『キル・ビル』で殺し屋界の頂点に君臨したデビッド・キャラダインが登場し、それぞれの思う役所を演じきるなど、もう、書ききれない程の実力派の役者を取り揃え、みなさまをお待ちしておりますのです。

もちろん監督だって豪華絢爛スティーブン・スピルバーグはいうまでもなく、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキスや『2010年』のピーター・ハイアムズ、『マックス・ヘッド・ルーム』のトッド・ホランド、『パルプ・フィクション』を製作総指揮したダニー・デヴィートらが監督として参加。ハリウッド映画をヒットさせるエンタメ界の重鎮からカルトドラマで高い評価を得ている一癖も二癖ある強者たちまで勢揃い。そうそう、クリント・イーストウッドも監督として参加していました。また、スピルバーグは原作も担当するなど、その多彩ぶりを発揮しています。

そんなわけで、登場する俳優の力量も確かなら、名を連ねる監督のバラエティも豊かなのが『世にも不思議なアメージング・ストーリー』なのですよ。ハイ。
ちなみに、本国アメリカでの放送は1985年から87年までで、2シーズン45エピソードが放映。そのクオリティはテレビドラマの枠を越えていて、エミー賞5部門を受賞する勢い。日本では『最後のミッション』、『真夜中の呪文』など、劇場公開された作品もあるほど。
ちなみに、絵本の表紙を開くイメージから始まるオープニングにもあるように、このシリーズタイトルはスピルバーグが子どもの頃に愛読していたアメリカのSF雑誌「アメージング・ストーリーズ」にちなんでいるとかいないとか。

んで、どんなエピソードがあるかといえば…。
ミイラ取りがミイラに!なんてことわざがあるけど、「パパはミイラ」はまさにそんな感じ。ミイラ役の俳優が本物のミイラに追いかけられるというエピソードです!
ミイラ伝説が残る小さな村でホラー映画を撮影中、ミイラ役の俳優が本物のミイラに追いかけられるというおバカコメディ。しかも、そのミイラが本物だってことをミイラ役の俳優は必死に伝えようとするんだけど、なかなかうまくいかないところが笑いのツボというコメディ&ホラーの傑作。この作品は日本でも劇場公開されたからご存じの方も多いはず。ご存じなければ見てね。あらすじ知っていても笑ってしまうこと間違いなし。そのあたりのフォローも、ちゃんとスピルバーグしてます。

ちなみに、日本ではテレビ放送を除いてはVHS版でしかなかったため、気軽に見るにはやや敷居が高かった本作。でもでも、2008年末に待望のDVD-BOXが発売されました! しかも、VHS版に収められていない作品も収録されているなど、ファンのみならず、新しいエピソードに出会えるチャンスです! さあ、大きなお兄さんやお姉さんはガツンと大人買いして、パパやママは子どもの絵本代わりにどうでしょう。
はたしてセカンドシーズンは出るのか? いや、出ることを信じて期待!
そんなことはおいといて。
全編通して、携帯電話もノートパソコンも登場しないし、ローテクな特撮は正直ちゃっちいんだけど、そんなことが些末な問題に感じてしまうのは、やっぱり物語が素晴らしいから。やっぱりドラマは特撮や技術云々よりも制作者らの心意気だよね。それがドラマの面白さを決定することを実感。現代のドラマが忘れかけている面白さをこの中に発見できるはず。

まあまあ、イデオロギーのお話はともあれ、やっぱりヒトの生きることへの執念の強さが最高に怖いし、それを眺めることは最高に面白いってこと。
さあ、つまらない日常にうじうじしてないで、ここはひとつ、非現実でアメージングな世界にみなさんもご一緒に飛び込んでみません?

■『世にも不思議なアメージング・ストーリー』 1stシーズン DVD-BOX
【価格】\17,800(税込)
【収録内容】8枚組
【発売元】ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

ライタープロフィール

ドラマナビ編集部

ドラマナビ編集部

« 『愉快なシーバー家』 | トップページ | 夜10時枠にジェイ・レノが登場! アメリカのお茶の間もバラエティ化!? »

タイムマシンde海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

すごく懐かしい~
内容はまさにアメージングですよね
若い頃のキーファーサザーランド、ケビンコスナーや監督達の才能やっぱり何か光るものがあったんだなぁ…って思います
皆にみてほしいなぁ

Royさん
こんにちは☆

そうですよね、お話はどれをこれも不可思議さ120%
しかも、「この俳優、誰かに似ているなぁ」とか思っていたら本人だったりとか、今見返しても全然面白いし、今だからこそびっくりなエピソードも
そういえば、TVドラマじゃないけど、記事でも紹介したクリント・イーストウッドの新作「チェンジリング」。こちらには、24 -TWENTY FOUR- に出ていたコルム・フィオールや、ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィアのマイケル・ケリーといった海外ドラマのおなじみさんも登場してますね。
海外ドラマNAVIは、これからも頑張る俳優さんや監督さんを応援していきますよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『世にも不思議なアメージング・ストーリー』:

« 『愉快なシーバー家』 | トップページ | 夜10時枠にジェイ・レノが登場! アメリカのお茶の間もバラエティ化!? »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』