« 海外ドラマでメリクリ! ~今すぐヤドリギゲット!? | トップページ | “本物”も“模倣”も演じきろ! 日本人がハリウッドで問われる2つの資質。 »

2008.12.30

2008年海外ドラマ「私的」重大ニュース!

2008年もそろそろおしまい、今年も海外ドラマな1年をお過ごしでしたか? 今回ドラマNAVI的締めくくり、2008年の「私的」重大ニュースを海外ドラマNAVI関係者、そして執筆者のみなさんからいただきました。

まずはなんといっても!
2007年5月末のオープンからはや1年…。
「海外ドラマNAVIサイトオープン1周年を迎えていた! なのに、なんのイベントもなしだった…」 (海外ドラマNAVI編集部ボーヤ:東京)
はい、来年こそは何かやりましょう!

さらには海外ドラマNAVIが映像に!?
「海外ドラマNAVIのテレビ番組が始まった! デーブさん、麻里さん、いつもありがとう!」 (海外ドラマNAVI編集部特攻M女:東京)
WOWOWなのに他局の番組も盛りだくさん! 太っ腹番組「デーブ&麻里の海外ドラマNAVI」スタート!」 (平口雅世:東京)
実はこの番組の構成を担当しているのが平口さんです! ドラマNAVIではブログも展開! みなさん、ブログともども海外ドラマNAVIをよろしくです。

で、今年の海ドラ、なんといっても女子が大喜びしたのは…。
「あの『SATC』が帰ってきた! やっぱり涙モノでした」 (某W局:ウラ)
「『SATC』映画公開! サマンサのコミックリリーフぶりが最高!」 (ほりうちあつこ:NY)
「『SATC』『X-ファイル』・・・あの人気ドラマの劇場版が日本公開!」 (平口雅世:東京)
「『SATC』再人気でNYにはSATCマップを手にもつ日本人観光客倍増!」 (安田阿弥:NY)
いやあ、さすがの人気っぷり。NYの安田さん情報によると、今年はマグノリア・ベーカリー、イーストビレッジの教会付近でSATCファンをよく見かけたとか。また、パトリシア・フィールドのショップでも「うわぁ~かわいい!」と絶叫しながらショッピングしていた日本人観光客…。あれ、それってもしかしてNAVIスタッフなんじゃ!?

そして海ドラ業界?が年明けから見守っていた事件はこれ。
「100日にもおよぶストが脚本家ユニオンの勝利で終わった」 (森井 茂樹:NY)
「脚本家ストでUKドラマの需要アップ!? イギリス世界に浸りました」 (海外ドラマNAVI編集部特攻M女:東京)
「去年から続いた脚本家スト。多くの番組が影響を受けた中、クオリティを保った『LOST』の底力に唸った!」 (幕田千宏:東京)
森井氏によれば、「民衆の支持も受けていたようだし、ネット配信等新しいコンテンツ配信のビジネスに沿った権利関係のビジネスのネゴも注目されたし、なかなか歴史的な100日ストの終結だった」ということです。海ドラミーハーファンとしては、人気シリーズが途中で中断!はショックだったなあ。

海外ドラマといえば、今年のエミー賞も忘れられません。
「グレン・クローズ、ホリー・ハンターなどなど、実力派女優の活躍。今、ドラマこそ質の高い作品を提供していると実感!」 (幕田千宏:東京)
「『Mad Men』がエミー賞最優秀ドラマに選ばれ、日本でも放送でも観られるようになることが決定!」 (Meg Mimura:LA)

そしてみなさん、お気に入りのドラマもそれぞれなようで…。
「とうとう『ボストン・リーガル』が終わってもうた。哀しい」 (南雲祐輔:NY)
そういえば、法廷ドラマ対決では、最下位だったけど『ボストン・リーガル』、これはいいドラマです。1回みたら笑え…ます。
「アラン・ボール(『アメリカン・ビューティー』『シックス・フィート・アンダー』)の新作ドラマ『True Blood』スタート! やっと大人のヴァンパイアものが作られた!」 (ほりうちあつこ:NY)
「来年2月に『デクスター~警察官は殺人鬼』DVD化決定のニュースに涙! アメリカ放映直後から絶賛し続け早3年。長かったなぁ」 (幕田千宏:東京)
グレイズ・アナトミーのキャストが映画で大活躍! なんとなくうれしい」 (某W局:ウラ)
「『HEROES/ヒーローズ』旋風吹き荒れる…ヘンテコ日本も花盛り」 (海外ドラマNAVI編集部ボーヤ:東京)
「大好きな地味ドラマ『シックス・フィート・アンダー』の俳優たちが新たなドラマで大活躍!個人的におめでとうさん!」 (安田阿弥:NY)
さて、安田さんからいただいた一覧表は以下。
ネイサン役“一番まともに見えるが?兄ちゃん”ことピーター・クラウス →『Dirty Sexy Money
デイビット役“隠れゲイ弟”ことマイケル・C・ホール→『デクスター』(エミー賞ベストアクターノミネート!)
ルース・フィッシャー役“奇妙で純なかーちゃん”ことフランシス・コンロイ→『デスパレートな妻たち
クレア役“めんどくさいティーンエイジャーの妹”ことローレン・アンブローズ→彼女はTVドラマじゃないけど、2007年、2008年とセントラルパークの夏の恒例、野外シェイクスピアシリーズでジュリエット役(2007年)、オフィーリア役(2008年)として話題を呼ぶ
やはりイチオシは、『デクスター』のマイケルかな?

そしてそして…。
「サイファイチャンネルが日本にやってきた! これでSFドラマ見放題!」 (海外ドラマNAVI編集部ボーヤ:東京)
ネットでも話題になっていましたね。おすすめは『ユーリカ~事件です!カーター保安官』かな。「個人的に台風の中、台湾→カナダに直行した『Lの世界』のセットビジットは忘れ難い。パム姉さんはやはりものすごい存在感でした」(幕田千宏:東京)『スカパー』でも『FOX LIFE』が観られるようになりました。やっとこさ『Lの世界』に浸れます…。
しかし、こんなお悩みもニュース!?
「ドラマ録画にDVRを初導入。あまりの便利さに録画しまくりで、テレビ視聴時間は増す一方。誰か助けて」 (橋本裕美子:LA)
日本の海ドラファンも同じ悩みを持つ方、多いのでは?
また、アメリカでははやくも…。
「『LOST』 シーズン5のテレビコマーシャルがオンエアー始まる!」 (安田阿弥:NY)
念願の次シーズンが2009年1月21日より始まるということで、年を越えて『LOST』ファンの興奮は盛り上がっている模様。

そしてアメリカは変わる…。
「パーマー大統領(『24』)が現実に! オバマ上院議員が44代大統領に当選。希望の光が差す米国」 (Meg Mimura:LA)
そんでもって、LAに住んでいるとこんなことも…。
「LAのタイ料理屋でジャック・バウアー(『24』)と遭遇。視線合うも即そらされる」 (橋本裕美子:LA)
そういえば、LAスクリーニングでジョン・ステイモス(『フルハウス』)の行く手をさえぎったよね。

今年はこんな訃報も入ってきました。
「名声優の広川太一郎さん、そして『名探偵モンク』のドクター・クローガーことスタンリー・カメル氏、そして『スターゲイト』のハモンド将軍ことドン・S・デイビス氏が帰らぬ人に…残念!」 (海外ドラマNAVI編集部偏執長:東京)
ご冥福をお祈りいたします。

「海ドラスター続々来日!海外ドラマブーム全盛で日本がさらなる重要マーケットに!?」 (平口雅世:東京)
平口さんにいただいた来日TVスターのリストはというと…。
ミーシャ・バートン(『The OC』)、ジェニファー・ビールス(『

Lの世界』)、キャサリン・メーニッヒ(『Lの世界』)、エミリー・デシャネル(『BONES―骨は語る― 』)、マシュー・フォックス(『LOST』)、パトリック・デンプシー(『グレイズ・アナトミー』)、ジェイソン・ルイス(『SATC』)、『HEROES』キャスト(マシ・オカ、グレッグ・グランバーグ、アリ・ラーター、センディル・ラママーシー)、ロバート・ネッパー(『プリズン・ブレイク』)、ウェントワース・ミラー(『プリズン・ブレイク』)などなど。今年は特にたくさんの海ドラ俳優が海を越えてやってきてくれたということで、海外ドラマNAVIでも“できるかぎり”あちこち取材しています。なんといってもびっくりしたのが、ティーバッグことロバート・ネッパー氏のインタビューのダントツ人気。すごいです。
そして渡米して活躍している日本人俳優さんだっています!
「渡米後、初めて全米ネットワークに出演した作品『HEROES/ヒーローズ』シーズン2が日本でついに放送!! 声優さんによる初 “日本語” 吹替えに本人もびっくり」 (尾崎英二郎:LA)
尾崎さんからはこんなメッセージも…。「アメリカでの演技をすぐに日本の視聴者の皆様に観ていただけたのは俳優冥利に尽きます。往年のスター、ジョージ・タケイさん(カイト・ナカムラ)の若い頃ですから、大きなプレッシャーがありましたし、全セリフが英語のシーンでしたから、皆様の目にお届けできた成果は財産です。来年もさらに頑張ります!!」。
もちろん、海外ドラマNAVIは尾崎さん含め、海外で活躍している日本人俳優さんたちを応援しています!

来年も新ドラマの日本での放送が続々と決定!
さあて何から観ようか!!!

« 海外ドラマでメリクリ! ~今すぐヤドリギゲット!? | トップページ | “本物”も“模倣”も演じきろ! 日本人がハリウッドで問われる2つの資質。 »

海外ドラマを100倍楽しもう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年海外ドラマ「私的」重大ニュース!:

« 海外ドラマでメリクリ! ~今すぐヤドリギゲット!? | トップページ | “本物”も“模倣”も演じきろ! 日本人がハリウッドで問われる2つの資質。 »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』