« 海外ドラマから垣間見えるアメリカの医療制度 | トップページ | 海外ドラマの脇役を追え! »

2008.02.09

「スタートレック VS スターゲイト」:どっちの“スター”がいけてる!?

まったく『海外ドラマNAV』、またもや無謀なことをいたします。

あのSF名作ドラマ『宇宙大作戦/スタートレック』とギネス認定ドラマ『スターゲイトを比較しようだなんて。それも同じ“スター”という単語がドラマタイトルに入っているというのが理由だなんて。しかし、しあわせなことに両作とも現在放送中、しかもDVDも発売中。この機を逃す手はないぞ、というわけで、ある意味冒険なVS開始
 

■『宇宙大作戦/スタートレック』のここがすごい!

いうまでもないので、ノーコメント。といきたいところですが(各方面からいろいろ叱られそうだし)、ちょっとだけ。

ドラマファンにニックネームがつけられたドラマはもしかしてこれがはじめて!? その名もトレッキー(トレッカー、トレッキアン)。『スターウォーズ』なども濃ゆーいファン層が多いけれど、『宇宙大作戦/スタートレック』はその走りも走り。

カーク船長を含め、各乗組員のキャラクターがユニーク。人数が多いもんで覚えるのが大変だけど、カーク船長とミスター・スポック、ドクター・マッコイにミスター・カトウくらいまではすぐにわかる!

カーク船長も長い間がんばったけれど、そのあとは船長交代ごとにドラマを一新。なので、最長SFドラマシリーズとしてのギネス認定はないけれど、どう考えてもこちらのほうが長い。なんたって40年近くだもの

そして転送装置。これさえあれば、目的の場所に人だろうとモノだろうとなんでもどこにでも転送することができる。ただ1点、気をつけなければならないのは、転送ビームへのノイズ混入。ドラマ内でもたびたび事故が起きているので、ドクター・マッコイは転送装置が大嫌い。下手するとハエ男(『ハエ男の恐怖』『ザ・フライ』)になっちゃう。

そして、その後の各SFドラマに影響を与えていることはみなさんご存知のとおり。最近では、『HEROES/ヒーローズ』のヒロがトレッキー(でも軽めだと思う)として描かれている。ちなみにヒロのお父ちゃん役は『宇宙大作戦/スタートレック』のミスター・カトウ。
 

■『スターゲイト』のここがすごい!

単なるSFドラマなのにシーズン10まで続いてしまった! おまけに2本のムービーで物語はようやく完結するという。だからこそのギネス認定か。

なんたって“スターゲイト”。エジプトの遺跡で発見されたスターゲイトとよばれるわっかのような建造物は、ほかの星々と地球をつなぐ惑星間のゲイトだった! 

そして、地球上のさまざまな古代神話と異星人がなんと“スターゲイト”によってリンク。といっても、古代文明関連のいわゆるトンデモ本ではさまざまなトンデモ説が語られているので、個々をみればさほど目新しい説ではないけれど、『スターゲイト』ではそれが1つの宇宙観としてまとめて描かれているため、違和感がない。

そのせいか、宇宙が舞台なはずなのに、変なエイリアン(ゴアウルドだけは敵だから?蛇な感じ)とか、宇宙船とかがあまり登場しない。どちらかというと古代文明との現代文明の交流のようなストーリーが多い。残念なのは、途中で開発された宇宙船の名前を“エンタープライズ”に命名できなかったこと。命名したがっていたオニール大佐、実はトレッキーなのかも。

メインキャストとなるSG1チームのメンバーが4人(初期メンバー)と少ない! あとはハモンド将軍やドクター・ジャネットくらいだからね。で、なにがいいって、少ないからすぐにキャラクターになじむことができる!(ちと強引か) まあ、シーズンを追うごとに関係キャストが増えていくのはしょうがないか…。徐々にだったら覚えられるし…。
 

■ここがちと似ている!? ここがちと違う!?
  『宇宙大作戦/スタートレック』と『スターゲイト』

そして、なんとこの2つのドラマ、けっこう似ていたりもするんです。ちょっと挙げてみるだけでも…。

主人公が渋かっこいいオヤジ=カーク船長とオニール大佐(のちにSGC司令官に昇進)

でも、カーク船長はどの星でもなぜかお色気たっぷり、それなのにオニール大佐はどの星でも硬派(多分サムがいるから?)

ほかの惑星への着陸シーンがない=転送装置とスターゲイト

活躍する舞台が限られている=エンタープライズ号かほかの星、そしてスターゲイトのあるSGC(スターゲイト・コマンド)かほかの星

調査目的が惑星探査(『スターゲイト』はどっちかというとダニエルのせいで文明調査より)

かけあいがおもしろい=ドクター・マッコイとミスター・スポック、そしてオニール大佐とダニエル(たまにサム、ティルクも参加)

敵となる星人がいる=たとえばクリンゴン星人(あとで和平を結ぶ)とゴアウルド(途中でゴアウルド以上の存在が現れる)

『宇宙大作戦/スタートレック』は、オリジナルシリーズ終了後、何度か映画化、そして『スターゲイト』は映画『スターゲイト』後の話をドラマシリーズ化

まあ、本気でVSしたら圧倒的に『宇宙大作戦/スタートレック』なんだろうけど、ここでは『スターゲイト』のがんばりにほんとはポイントをあげたいところ。なんたって名作ドラマあとの後発組は苦労するもんだ。

さあて、ではどっちの“スター”がいけてるでしょうか。
両方ともある意味ホット(けっして両方ともクールではないよね)なSFドラマだもんで、勝ち負けはあまりつけたくないぞ
ということで今回は“どっちともいけてる”にしておきます(よわっ)。

 

ということで今回の投票は、
『惑星に転送されるならどっちがいい?』

みんなで投票!

ライタープロフィール

ドラマナビ編集部

ドラマナビ編集部

« 海外ドラマから垣間見えるアメリカの医療制度 | トップページ | 海外ドラマの脇役を追え! »

みんなのCool VS Hot」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

» 世界一簡単なスタートレックレビュー(その21) [バー トレック ブログ]
スタートレックTNG シーズン4エピソード?95【疑惑 The Drumhead】 [あらすじ] エンタープライズDで起きた爆破事件の調査のためノラ・サティ提督が乗船する。結局爆破は事故と判明したが、サティは疑いをかけた医療技術師ターセスがロミュランの血を引くことを隠していたことを激しく追及する。 [世界一簡単レビュー]       これは重い、非常に重いエピソードです。 第2シーズンであった「人間の条件」に匹敵する位の重いエピソードです。 しかも「人間の条件」と同様、法廷審... [続きを読む]

« 海外ドラマから垣間見えるアメリカの医療制度 | トップページ | 海外ドラマの脇役を追え! »

DVDリスト

  • 『24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン』
  • 『フレンズ<ファースト・シーズン>』
  • 『プリズン・ブレイク シーズン1』
  • 『BONES -骨は語る- シ-ズン3』
  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4』